アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「FREE」のブログ記事

みんなの「FREE」ブログ


RIP David bowie

2016/01/13 00:55
画像


I pray soul may rest in peace....

The person who is the most beautiful in space...

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


HALLOWEEN

2007/10/01 13:15
オレンジ繋がりで・・・
画像


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


オランダ〜風車

2007/01/14 22:47
King of the Nedtherlands
Nedtherlandsとは、低い土地という意味だそうだ!
国土の殆どが海抜0m・・・風車が水をくみ上げ海へ・・・そして大地へ・・・
風車によって成り立っている国なのだ。とい事を今日の”うるるん・・・”で知った。
オランダといえば風車!と思っていたけれど、これほどの役割があったとは、驚き!

地球温暖化で水位が上がれば・・・大変なことになってしまう。
おとぎ話の絵本に登場しそうな風景。いつまでも変わらないでいて欲しいと思いました。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


チャンピオンズリーグ・・・

2006/09/30 04:09
ブレーメンvsバルサ戦・・・
バルサのユニを見て”オランダ?!”と、ニヤけてしまったのは私だけでは無いはず!^^;
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ORANJE TOPICS 2004〜2005(ページを移転しました)

2006/02/18 02:53
>2005/12.10/★2006年ワールドカップ・1次リーグ・組み合わせ

グループA:ドイツ、コスタリカ、ポーランド、エクアドル
グループB:イングランド、パラグアイ、トリニダード・トバゴ、スウェーデン
グループC:アルゼンチン、コートジボワール、セルビア・モンテネグロ、オランダ
グループD:メキシコ、イラン、アンゴラ、ポルトガル
グループE:イタリア、ガーナ、アメリカ、チェコ
グループF:ブラジル、クロアチア、オーストラリア、日本
グループG:フランス、スイス、韓国、トーゴ
グループH:スペイン、ウクライナ、チュニジア、サウジアラビア

*厳しいグループに入ってしまいましたが、想定内(?!)です!よね?

--------------------------------------------------------------------------------
2005/10.08/W杯欧州予選オランダ2−0チェコ

オランダ、2006W杯出場決定!!!2大会ぶりの出場です。
苦手なチェコを相手に2得点。ゴールを決めたのはVan der VaartとOpdamの2選手。これで、Marco van Bastenの率いるオランダチームは来年の8月にドイツで開かれるワールドカップに出場が決定した。
2005/09.07/W杯欧州予選オランダ4−0アンドラ

1組首位のオランダはファンニステルロイの2得点などでアンドラを4−0と寄せ付けず、勝ち点を28に伸ばした。3組首位のポルトガルは敵地でロシアと0−0で引き分け、残り2試合で2位スロバキアとの勝ち点差5をキープ。5組首位のイタリアもベラルーシに4−1で逆転勝ちし、2位ノルウェーとの勝ち点差を5に広げた。
 4組のフランスはアンリの決勝ゴールでアイルランドに1−0で競り勝って2連勝、勝ち点を16とし、得失点差で首位スイスに次ぐ2位まで浮上。6組のイングランドは敵地で北アイルランドに0−1で歴史的敗北を喫し、消化試合が1つ多い首位ポーランドとの勝ち点差が5に広がった。
 7組はセルビア・モンテネグロがアウエーで2位スペインと引き分けて勝ち点2差の首位を守り、8組は6連勝のスウェーデンが首位に立った。

★本大会出場決定まで、あと一つですね!! 
--------------------------------------------------------------------------------
2005/03.26/W杯欧州予選ルーマニアvsオランダ

☆ルーマニア代表0−2オランダ代表

オランダが敵地ブカレストで見事な戦いぶりを見せ、勝ち点1差で予選グループ1の首位に躍り出た。だが、アリエン・ロッベンの負傷という代償もついてしまった。

開始直後の先制弾
オランダの2得点は、経験と若さの融合を要約する形となった。これこそ、来年ドイツで行われる本大会にチームを導く鍵として、マルコ・ファンバステン監督が期待しているポイント。1点目は、開始わずか38秒にベテランMFフィリップ・コクーがゲット。2点目は、試合終盤に18歳のライアン・バベルが決めた。AFCアヤックスの新星、バベルは、負傷したロッベンと交代で入って代表デビューを果たし、試合を締めくくる活躍を見せた。


--------------------------------------------------------------------------------
2005/02.09/オランダ代表始動

親善試合・オランダ代表0−0イングランド代表
2005年、初試合はドロー。

--------------------------------------------------------------------------------
2004/11.17/アンドラ0−3オランダ戦

スペインのバルセロナで行われたグループ1、アンドラ戦は、コク、ロッペン、スナイデルのゴールで快勝!

--------------------------------------------------------------------------------
2004/10.14/オランダ3-1フィンランド戦

 14分、フィンランドGK、ニエミが蹴ったFKにオランダ守備はあっさりとオーガニゼーションを失い、タイニオのヘッドで簡単に1点を失った。現在のオランダサッカー界の弱点、それはボールを失った瞬間、守備の集中が切れていることと、ディフェンスの中央で力負けすることだ。

フィンランド戦の前日記者会見では「オランダが目指すきれいな攻撃的サッカーは、現代のスペースが無い中で行われる現実的なサッカーでは、結果を残すことができないのではないか」という素朴な疑問がファン・バステン監督にぶつけられていた。

ファン・バステン監督は、「いいサッカー、攻撃的サッカーを目指しているのはもちろんですが、それだけを考えて試合をしているわけではありません。要はバランスです。常にボールを失ったときのことを頭に置きながらサッカーをしなければならないのは、オランダ代表も同様です」と答えていた。しかし、フィンランド戦でもオランダ代表は相手のロングキックやカウンターに対してあまりに守備が弱かった。

後半、フィンランドに対し2−1、3−1とリードしているにもかかわらず、オランダは多くの選手が前がかりになり過ぎて、カウンターから危険なシーンを迎えていた。オランダに引き分けたマケドニアが、小国アンドラに対し0−1と敗れた。11月にオランダはそのアンドラとアウエーで戦う。普通に考えれば余裕で勝たなければならない相手だが、最近はリヒテンシュタインがポルトガルに2−2と引き分けるなど、思わぬことが起きる可能性はゼロとは言えない。

「アンドラが勝ったのはびっくりしている。みんなオランダはマケドニア戦に対し準備が足りなかったのではないかと言っていたけれど、アンドラ戦に対してはキチンと準備をしないといけない。頑張らないと」 とファン・バステン監督はアンドラ戦ではマケドニア戦と同じ失敗は許されないと感じている。


--------------------------------------------------------------------------------
2004/10.09/マケドニア戦

オランダ2−2マケドニア
チェコに勝って、いいスタートがきれたと思ったら、やってしまいました。
攻守のバランスが悪いのは、オランダ代表サッカーの魅力でもある。(と私は思う。)
しかし、これを今、修正しないとまた悪夢が・・・・。


--------------------------------------------------------------------------------
2004/09.08/欧州ワールドカップ予選スタート!

(アムステルダム:観衆48000人)
2006ドイツワールドカップのヨーロッパ予選が始まりました〜!!
オランダは、グループ1の初戦に相性の悪い?!チェコと対戦!ファン・ホーイドンクの2ゴールで快勝!
いいスタートがきれました!!

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


トップへ | みんなの「FREE」ブログ

oranje topics FREEのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる